日本オーストリア友好150周年記念レセプションの開催(2019年9月17日)

     9月15日から19日,佳子内親王殿下がオーストリア国を公式訪問され,17日,小井沼大使公邸にて日本オーストリア友好150周年記念レセプションを開催しました。同レセプションには,佳子内親王両殿下の御臨席の下,カール・バーダー連邦参議院議長,マグヌス・ブルンナー同副議長,マリア・グロースバウアー国民議会議員(墺日友好議員連盟),エバルト・ノボトニー前オーストリア中央銀行総裁のほか,オーストリア政府関係者,日本研究者,在留邦人,日本企業関係者,オーストリア及び邦人の叙勲者等多数が出席しました。
     最初に,日本人若手音楽家による両国国歌独唱(弦楽四重奏による伴奏つき)が披露され,小井沼大使による挨拶の後,佳子内親王殿下より,日墺両国の交流促進にご尽力されている方々に対して,深い敬意を表されつつ,多くの方々によって築かれてきた友好関係が,末永く引き継がれていくことを心より願っておられる旨の御言葉がありました。
     続いて,バーダー連邦参議院議長より,日本オーストリア友好150周年の本年,佳子内親王殿下をお迎えする喜びを示されつつ,新たな時代が令和の始まりと共に開かれた旨の挨拶があり,乾杯を行いました。
 
 佳子内親王殿下は,オーストリア御滞在中,ファン・デア・ベレン大統領及びビーアライン首相とご懇談され,シェーンブルン宮殿庭園内の日本庭園修復記念式典に御出席されたほか,ウィーン日本人国際学校やウィーン少年合唱団,ウィーン大学など日本にゆかりのあるところなどを御訪問されました。また,内親王殿下がご訪問先で親しく笑顔で話しかけられるお姿が,当地の報道でも取り上げられました。

本欄に画像を表示