医療機材無償供与に係る引渡し式を実施しました(2021年6月22日)

2021/7/7
2021年6月22日、小笠原臨時代理大使およびヴィティア保健相が同席の下、ベッドサイドモニタ7台、サーモグラフ3台、超音波装置2台および移動型X線装置1台の引渡し式を実施しました。これにより、医療機材無償供与(供与額1億円)による最も重要な医療機材が引き渡されました。
 今回供与された医療機材はコソボ大学クリニカルセンター(UCCK)および地域総合病院に配置され、新型コロナ対応と平行して保健省が行っている保健・医療サービス改善に役立てられます。