「コソボ南東地域におけるマンモグラフィ検査装置整備計画」の引渡し式を実施しました(2022年3月14日)

2022/4/1
2022年3月14日、カメニツァ市において「コソボ南東地域におけるマンモグラフィ検査装置整備計画」の引渡し式が行われ、山中臨時代理大使、ヤヒヤガ元コソボ大統領、ゲジャ保健副大臣、ラヒマイ・カメニツァ市長、アヴドゥリ・ヤヒヤガ基金事務局長、および関係自治体の医療機関代表者が出席しました。
 
本事業では、カメニツァ自治体および近隣自治体(ノヴォブルド自治体、ラニルグ自治体、ジラン自治体)を含めた地域の女性住民への乳がん検診受診の促進、コソボ南東地域における乳がんの早期発見を図るため、カメニツァ診療所にマンモグラフィ検査装置を1台供与しました。これにより、同地域の女性約22,600人が乳がん検診を受診できるようになります。