日本とコソボ

2008年2月、コソボはセルビアからの独立を宣言し、日本は同年3月18日にコソボを国家承認しました。

コソボの安定は西バルカン地域のみならず、欧州全域の安定及び繁栄につながるため、日本は同国の民主的改革及び経済発展のための努力を支援しています。両国間では要人の往来も行われており、コソボは日本からの投資への期待を表明しています。

最近の二国間関係・要人往来

  • 小井沼大使は幸大統領に信任状を奉呈しました。2016年12月21日
    小井沼大使はサチ大統領に信任状を奉呈しました。
    信任状奉呈式 (大統領府ウェブサイト 英語)
  • コソボフィル記念コンサート2014年10月12日
    日本の協力(一般文化無償資金協力「コソボフィルハーモニー交響楽団楽器整備計画」)を記念して、コソボフィルハーモニー交響楽団による式典とコンサート(指揮:柳澤寿男同楽団首席指揮者)がプリシュティナにて開催されました。竹歳大使はこの式典に宛てたあいさつ(鈴木秀雄公使代読)の中で、柳澤指揮者の活動を高く評価するとともに、2011年の東日本大震災に際し同楽団から示された連帯に改めて感謝するとともに、整備された楽器により奏でられる音楽がコソボ市民に勇気と生きる喜びを与え、民族紛争を経験したコソボにおける人々の生活に調和をもたらす重要な役割を果たすだろうと述べ、引き続き日本がコソボを支援していくことを表明しました。
  • 2014年8月13-15日
    塩谷立衆議院議員(日・コソボ友好議員連盟会長)がコソボを訪問し、ヤヒヤーガ大統領、ホジャイ外相及びブヤ教育相と会談を行いました。
    ヤヒヤーガ大統領との会談 (大統領ウェブサイト、英語)
    ホジャイ外相との会談 (コソボ外務省ウェブサイト、英語)
  • サチ・コソボ首相の訪日2014年4月12-15日
    サチ・コソボ首相が訪日し、安倍晋三内閣総理大臣との間で首脳会談を行いました。
    日コソボ首脳会談

コソボフィルハーモニー交響楽団・竹歳大使と
クラスニーチー文化相

  • 2014年3月18-20日
    竹歳大使がコソボを訪問し、一般文化無償資金協力「コソボフィルハーモニー交響楽団楽器整備計画」によって整備された楽器の引き渡し式に出席するとともに、ヤヒヤーガ大統領、サチ首相及びホジャイ外相等と会談しました。また、平成25年度草の根・人間の安全保障無償資金協力4案件の署名式を行いました。

竹歳大使とヤヒヤーガ大統領

竹歳大使とサチ首相

竹歳大使とホジャイ外相

  • 2013年10月21-22日
    9月にウィーンに着任した竹歳誠大使がコソボを訪問し、21日にヤヒヤーガ大統領に信任状を捧呈しました。コソボ滞在中、同大統領と両国間関係について懇談したほか、サチ首相、ホジャイ外相ら政府関係者と会談、在留邦人の方々とも意見交換しました。また、地元ジャーナリストからインタビューを受けました。
  • 2013年5月20日
    「ひろしま・祈りの石の会」から世界共通の「平和希求のシンボル・メッセージ」として祈りの石(STONE FOR PEACE)がコソボに贈呈されました。プリシュティナ市で行われたセレモニーには、ヤヒヤーガ・コソボ大統領をはじめとするコソボ政府・プリシュティナ市関係者、「ひろしま・祈りの石の会」関係者、当大使館から岩谷大使らが出席し、コソボで行われた「寛容と和解の週」のオープニングともなりました。
  • 浜田外務大臣政務官のコソボ訪問2012年9月9-11日
    浜田和幸外務大臣政務官がコソボを訪問し、コソボの「監督下の独立の終了(ESI)」に関する行事に出席してスピーチpdf を行うとともに、ヤヒヤーガ大統領、サチ首相と会談しました。
    また、ホジャイ外務大臣とコソボに対する一般文化無償資金協力「コソボフィルハーモニー交響楽団楽器整備計画」に関する交換公文の署名を行いました。
    浜田外務大臣政務官のコソボ共和国訪問(概要)
  • サチ・コソボ首相の訪日2012年6月6-9日
    サチ・コソボ首相がコソボの首相としては初めて日本を訪問し、野田佳彦内閣総理大臣との間で首脳会談を行うとともに、玄葉光一郎外務大臣などと会談しました。
    ハシム・サチ・コソボ共和国首相の来日