各種証明 - アポスティーユについて

外国の関係機関から日本の戸籍謄本等にアポスティーユの添付を要求されるケースがあります。アポスティーユ(Apostille:付箋による証明)とは、「外国公文書の認証を不要とする条約(1961年10月5日のハーグ条約)」によりわが国では外務省が発行しているもので、このハーグ条約に加盟している国(地域)に公文書等を提出する場合に、アポスティーユが付与されていれば、原則として、駐日外国領事による認証が不要となります。
なお、公文書原文が日本語の場合は、外国語訳添付を求められる場合があります。

アポスティーユの詳細については外務省ホームページ「証明 - 外務省(日本国内)における証明(公印確認・アポスティーユ)」をご覧下さい。