パスポート(旅券) - 非ヘボン式表記・別名表記など

氏名の非ヘボン式表記

国際結婚、両親の何れかが外国籍である、二重国籍者、外国出生者等の理由で、戸籍上外国式の氏名が記載されている方は、身分事項欄及びICチップ内の氏名を非ヘボン式ローマ字の綴り(外国式綴り)にすることができます。

別名併記

国際結婚、国際養子縁組または二重国籍等の身分上の理由により、戸籍に記載されている氏名以外の表記を希望する場合、身分事項欄の戸籍の氏または名の後に、続けてカッコ書きで記載することができます。なお、ICチップにはその情報は記録されません。

氏名の長音表記

平成12年4月1日以降、氏名に「オオ」または「オウ」の長音が含まれる場合は、「OH」による長音表記の旅券面記載も認められることとなりました。ただし、一旦長音表記を選んだ後は原則として元の表記に再度変更することは認められませんので、ご注意下さい。

必要書類

  • 1. 非ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書1通(窓口に用紙があります。)
  • 2. 非ヘボン式表記(別名表記)希望の場合、その綴りがわかる公文書
    • 官公庁発行の婚姻証明書、出生証明書等の原本、または、配偶者や外国人親の有効な旅券等をご持参下さい(提示のみ)。
    • 既に非ヘボン式、別名併記の氏名が現旅券に記載されている場合には省略が可能です。

注意事項

一般旅券発給申請書または同訂正申請書のローマ字氏名欄は、外国式綴りではなく、ヘボン式ローマ字をお書き下さい。